サータアンダギーを美味しく作るコツ

サータアンダギーを美味しく作るコツ

サータアンダギーを美味しく作るにはちょっとしたコツがあるんです。

混ぜ方と揚げ油の温度です。

■おいしいサータアンダギーの作り方■

【用意するもの】
・玉子3個
・薄力粉300g
・砂糖 150g
・ベーキングパウダー5g
・サラダ油大匙1

揚げ油:サラダ油

【手順】
①薄力粉とベーキングパウダーを併せてふるいにかけておく

②砂糖もふるいにかけ、薄力粉と混ぜておく

③玉子を割りほぐしサラダ油大匙1を入れて混ぜ①②を加えて混ぜ合わせる。

④サラダ油を140度に熱し(温度を必ず測る)手にサラダ油を塗って、③の生地を丸めてじっくり揚げていく

⑤きつね色に揚がったら取り出し油をきる

玉子に先に砂糖を混ぜてしまうと、甘さが遠くなってしまうので、薄力粉といっしょに混ぜるのがポイント。

また、上げる温度は140度前後で、きちんと測ったほうが美味しくきれいに上がります。ちなみに160度を超えると先に回りが固まってしまって、あげている途中で割れたところからニョロットでてきてあまり美しく揚がりません。

この二つを守る事で、いつも美味しいサータアンダギーが食べられますよ!!

そうそう、小麦粉は日清の「フラワー」がいいかな?
ニップンの「菊」は、粉臭くてお菓子にはむかないようです。