がん保険 入院給付金はあっても長期の入院はできないかも

がん保険 入院給付金はあっても長期の入院はできないかも
がん保険の多くの商品には「入院給付金」が付加されています。
入院となるとそれなりに費用もかかるので、入院給付金は
外せないと思う方も多いでしょう。

ここで考えたいのは入院日数です。
「がん」にかかわらず最近は入院日数が短く、たとえ手術を
した場合でも2週間から3週間で退院する場合が多くみられます。

何が言いたいかというと、
入院給付金としてもらえる額は、
入院日数が短ければ給付も少ないという事です。

もしかしたら
それから後の「通院」や「先進医療」に多くの治療費がかかる
かもしれません。それ以前に、手術に対して給付があるかどうかも
チェックが必要でしょう。

以前は入院給付金があるからと安心していましたが
今は、使い道が自由な「診断一時金」が多いがん保険にも
大きな魅力を感じています。

「がん」ができる場所にも寄りますが、陽子線治療をはじめ、
今はさまざまな治療法が受けられるようになってきたからです。
現金さえあれば、その時々に必要な治療を、自由に選べると言う
大きなメリットがあります。

入院の必要のないがん治療も出てきましたし
診断一時金、入院給付金、通院給付金、手術、先進医療…
自分に何が必要か、よく考えてみる必要がありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする