がん保険 診断一時金の必要性について

がん保険 診断一時金必要性について

がんと診断された時、すぐに給付される診断給付金

気持ちが落ち込む中でも一時金で保険がすぐに降りるだけでも

取り敢えずの金銭的な心配が回避できる上では大きな心の支えになります。

がん保険は、その為に診断一時金をすぐに給付してくれるのです。

がん保険は必要か?
という問いに、明確な答えはできませんが
血縁関係者に「がん」にかかった人が多ければ
がん保険の必要性は高くなると考えます。

「がん」は原発部位によって、遺伝しやすいもの、
遺伝とは関係ないものに分けやすいと思います。

では身内にがんにかかった人がいなければ
がん保険の必要はないか、というとストレスの多い
現代社会、「必要ない」とも言い切れません。

タバコを吸う人
お酒をたくさん飲む人
ストレスの多い仕事に就いている人
…も、がんになりやすいと言われているからです。

がんと診断されてすぐに考えるのは
これからのこと、家族の事、長くかかった場合の
いくらかかるか分からない治療費でしょう。

血縁関係者に「がん」と診断された人が数名でも
いらっしゃるのならば、がん保険の必要性は、
やはり高いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする