あさが来た、年齢差ありすぎ?

あさが来た、初回放送から引き込まれちゃいました…

幕末からの時代設定と聞いていたので、ちょっとどうかなと思っていたけど、そんな心配はすぐに払拭されましたね。

でもヒロイン役のあさと新次郎(玉木宏)の年の差があまりにも開いてて、これじゃ犯罪に近い…

と思ったのは私だけではなかったようです。

あさが11歳、新次郎が22歳で、年の差は11らしく、

単に玉木さんがちょっと年取って見えすぎているだけだったんですね。

とはいうものの、なかなか面白そうな展開で

あさの子供時代を演じる鈴木梨央ちゃんが上手ですよねぇ

かわいくて、おてんばな感じが自然で好感度大!!

新次郎さんの優しいまなざしの元、

あさの持って生まれたモノがどう開花していくのか、これからが楽しみです。

あさが嫁ぐ「加納屋」の大番頭役に

『民王』で新田くん役を演じていた内山圭哉さんが出演するのも見所かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする