ブルーライトは目の細胞に有害?

ブルーライトは目の細胞に有害

ブルーライトは目の細胞に有害なんだって。

そもそもブルーライトとは何?
ブルーライトは波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれている光線です。

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するため、長時間ブルーライトにさらされると、目によくないといわれています。

消毒用の紫外線を出すライトを、みてはダメだというのと同じで、目の細胞を破壊するらしいです。

そんな光線を発するスマホを長時間見ていれば、目に良いわけないですよね。

専用のシートを張って、ブルーライトを遮断したり、スマホを使う時間を短くするように努力するしかないみたい。

あとは目にいいサプリ摂るとか…

ブルーベリーや紫芋(紅芋)もアントシアニンを多く含んでるから目のためには良いかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする