さとしの過去(あさが来た)

あさが来た、炭鉱の納屋頭さとしの過去が気になりますよね…

さとしの正体は、新次郎が10さいの頃の幼馴染で

加乃屋の大番頭さんだった人の息子…

そう、のれんわけした後、両替屋が上手くいかず、

賭博に手を出し、家族を残していなくなった人の息子です。

逆恨みといってしまえばそれまでですが、加乃屋に恨みがあるんですね。

これで新次郎さんが加乃屋の商売に関わらなくなったことと

繋がってきます。

今日の「あさが来た」も、15分の中に見所満載でした。

炭鉱の親方役の山崎銀之丞のセリフもよかった…

そして登場人物それぞれの、心の寂しさも、

15分の中に、上手く描けていたと思います。

あさが来た、視聴率も25%超えているのもうなずけますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする