がん保険 共済保険の特約も検討の余地アリ

がん保険 共済保険の特約も検討の余地アリ
県民共済などの共済保険は、

支出は抑えたい
でも最低限の保障は欲しい

 

という時に、大きな味方になる保険です。

 

各共済によって保障内容は異なるものの、
福岡県の県民共済(2014年)を例に取ると
手ごろな掛け金(総合保障型2000円)でも保障内容はかなり充実しています。

 

■福岡県の県民共済(2014年)総合保障型2000円の場合
・日帰りから給付される入院給付金(日額4000円)
・死亡保障(病気340万円・交通事故1000万円)
・掛け金は一定で割戻しがある
・特約を付ける事でさらに充実した保障内容にできる。

 

※年齢によって金額が上がる事がない反面
65歳以降は熟年型へ移行し、保障内容は薄くなります。
加入期間も85歳で終了します。

 

メリットばかりではありませんが、
大きな掛け金の保険に加入する事が難しい場合でも
共済であれば月額2000円でも死亡保障まで付いた
保険に入る事もできるのです。

 

「がん」が心配な方は特約で「がん保険(1000円)」
「三大疾病特約(1000円)」「医療医療(1000円)」
などもあるので心配な部分だけ厚い保障内容にすることも
できます。

 

福岡の県民共済を例に取りましたが
各自治体の共済、国民共済などもあるのであわせて
検討してみるのもよいでしょう。

がん保険 入院給付金はあっても長期の入院はできないかも

がん保険 入院給付金はあっても長期の入院はできないかも
がん保険の多くの商品には「入院給付金」が付加されています。
入院となるとそれなりに費用もかかるので、入院給付金は
外せないと思う方も多いでしょう。

 

ここで考えたいのは入院日数です。
「がん」にかかわらず最近は入院日数が短く、たとえ手術を
した場合でも2週間から3週間で退院する場合が多くみられます。

 

何が言いたいかというと、
入院給付金としてもらえる額は、
入院日数が短ければ給付も少ないという事です。

 

もしかしたら
それから後の「通院」や「先進医療」に多くの治療費がかかる
かもしれません。それ以前に、手術に対して給付があるかどうかも
チェックが必要でしょう。

 

以前は入院給付金があるからと安心していましたが
今は、使い道が自由な「診断一時金」が多いがん保険にも
大きな魅力を感じています。

 

「がん」ができる場所にも寄りますが、陽子線治療をはじめ、
今はさまざまな治療法が受けられるようになってきたからです。
現金さえあれば、その時々に必要な治療を、自由に選べると言う
大きなメリットがあります。

 

入院の必要のないがん治療も出てきましたし
診断一時金、入院給付金、通院給付金、手術、先進医療…
自分に何が必要か、よく考えてみる必要がありそうです。

 

がん保険 診断一時金の必要性について

がん保険 診断一時金必要性について

 

がんと診断された時、すぐに給付される診断給付金

気持ちが落ち込む中でも一時金で保険がすぐに降りるだけでも

取り敢えずの金銭的な心配が回避できる上では大きな心の支えになります。

 

がん保険は、その為に診断一時金をすぐに給付してくれるのです。

がん保険は必要か?
という問いに、明確な答えはできませんが
血縁関係者に「がん」にかかった人が多ければ
がん保険の必要性は高くなると考えます。

 

「がん」は原発部位によって、遺伝しやすいもの、
遺伝とは関係ないものに分けやすいと思います。

 

では身内にがんにかかった人がいなければ
がん保険の必要はないか、というとストレスの多い
現代社会、「必要ない」とも言い切れません。

 

タバコを吸う人
お酒をたくさん飲む人
ストレスの多い仕事に就いている人
…も、がんになりやすいと言われているからです。

 

がんと診断されてすぐに考えるのは
これからのこと、家族の事、長くかかった場合の
いくらかかるか分からない治療費でしょう。

 

血縁関係者に「がん」と診断された人が数名でも
いらっしゃるのならば、がん保険の必要性は、
やはり高いと思います。

Page 3 of 1 /123
 

新着記事





リンク集



 




カテゴリ一覧

サイト内検索

ページの先頭へ