美醜の大地|過去を捨てた女の復讐劇(漫画の感想)

美醜の大地|過去を捨てた女の復讐劇(漫画の感想)


ネタバレも含まれるのでご注意くださいませ。

美醜の大地、ハマっちゃうとは聞いていましたが、読み始めたらもう止まりませんね。

簡単なあらすじを言うと
女学生時代にひどいいじめを受け、家族(母、弟)も亡くした主人公が美容整形で過去を捨て、復讐に生きる物語。

美容整形で顔を変えて復讐というのはよくある話で、ちっとも新しくはないんだけど、この作家さんはその上を行くというか、読ませる展開なんです。

絵もきれいで読みやすいし、ついつい市村ハナ(主人公です)を応援したくなるこの雰囲気は何なのでしょう。

漫画雑誌「ストーリーな女たち」に掲載されているマンガで、この作家さんを知りました。

時代背景もよく調べてあって矛盾を感じないし、ついつい引き込まれてしまうんです。

まだ完結していないので、これからどうなるんだろうと続きが読みたくて読みたくて…。

まんが王国なら結構ボリュームのある試し読みができますよ!

まんが王国はコチラ

いじめのリーダー格の高島津絢子、この人のイジメ方は最低!!
もう腹が立ってきます。
でもそんな絢子も、心に闇を抱えているのかもしれないという予感が…

と見始めたら一気読み必死!
けっこうおすすめの漫画です。