SNSを使った大人の「いじめ」対策とは

SNSを使った大人の「いじめ」対策とは

ママ友トラブルに合ってしまう人のタイプは、ちょっと仲良くなったくらいのママ友に、なんでも自分のことを話してしまうという傾向があります。

ママ友は子供を通して知り合っただけの一次的な友達…
だから、自分のことや身内の話、金銭的なこと等を安易に話してしまうと、とり返しの付かないことに巻き込まれる危険があります。

だって、はなしに尾ひれが付いたり、まったく違う話にすり替わってしまったりするからです。

バックグラウンドがわかっている、子供の頃からの友達と違って、ママ友は相手の経済状態や家族関係も良く判らない人が多いはず。

そんな知り合いに、何でも話してしまうのはとても危険なことだと思います。

人を信じてはいけないわけではないけれど、用心するに越したことはないといいたいのです。

ママ友イジメの対象にならない対策は、あまり深入りしないことが一番。天気やテレビの話位しておけばいいと思います。

料理の話も、生活が見え隠れするのでやめておいたほうが無難。

天気や季節の話を延々としたっていいと思います。人は、他人の不幸話が大好きなので、自分の悩みや困っていることなんかを話すのはやめましょう。

一旦ターゲットになってしまったら何て言われるかわかりません。

まったく知らん振りは出来ないまでも、深入りせずに付き合っていくことが一番の対策だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする