神奈川県民共済も保障内容が充実してる

神奈川県民共済も保障内容が充実してる
神奈川県民共済は掛け金が低いんですね!

 

埼玉県民共済が最強といっていましたが
神奈川県民共済も、保障内容は充実した共済だと思います。

 

ほとんどの県民共済が月の掛け金が2000円なのに対し
神奈川県民共済は1500円。

 

保障内容はその分低くはなるのですが
ハードルが下がるという点では
支払いに困窮している世帯にとってはやさしい保険だと思います。

 

神奈川県民共済の場合月掛け金1500円
入院給付金3500円、事故や手術、死亡も補償されています。

 

もちろん割戻しもあるので掛け金からいったら
負担はかなり軽くなるのではないでしょうか。

 

民間の医療保険を補強する為に入るのであれば

神奈川県民共済かなりおすすめです!!

 

県民共済の割戻金の案内

県民共済割戻金の案内がそろそろ届く頃です。

年一回の楽しみなのですが

県民共済の生命共済に加入していて

特約も付加しているので、

毎年夏に1万数千円くらいの「割戻金」が振り込まれるのです。

 

その年によって割戻金の額は変わるけど

だいたい掛け金の30%くらい…

これってスゴイですよね!

て県民共済ってつきの掛け金も安いのに

その中から3割もかえってくるんですから。

 

得に埼玉県の共済とてもお得です。

入院給付金が、他県の共済の倍額ぐらいで

見たとき、記載違い、見間違い、勘違い

と我が目を疑ったほどです。

 

保険料の捻出が難しい時、難しい人ほど

県民共済の生命保険は助けになると思っています。

 

 

県民共済は強い見方!

県民共済は強い見方!

 

新聞の折り込み広告にしょっちゅう入っている県民共済

さして気にも留めていなかったけれど

保険の見直しを検討する機会に

改めてよく読んでみました。

 

一口2000円の掛け金で

入院から高度障害、死亡保障まで

一般の保険からは考えられない保障内容でした。

 

私は福岡県民共済に加入しましたが

終身保険に加えて、共済の加入に踏み切ったのです。

 

入院死亡事故保障にとどまらず、

利益を追求するわけではなく、あくまで「共済」なので

「割戻金」といって、毎年8月に掛け金の3割程がかえってくるんですよ!

 

もちろん割戻金は各年度の保険金支払い率で変わってきます。

でも、本来保険ってそんなものなのではないかと思います。

 

共済にもメリットデメリットがあるのでこれから少しずつお話しますね!

お楽しみに

 

 

 

 

新着記事





リンク集



 




カテゴリ一覧

サイト内検索

ページの先頭へ